おまとめローン検討中の方が陥りやすい督促状の落とし穴

おまとめローン検討中の方が陥りやすい督促状の落とし穴

複数の金融借り入れがある方の強い味方、おまとめローン。
一本化することは月々の返済金額を減らし、金利手数料を下げ、支払日の把握も楽になります。

おまとめローンと聞くと簡単に審査が通るイメージですが、実際はそう簡単ではありません。
おまとめするという事は何十万、何百万、を多重債務に陥っている、
陥りそうな人に融資するという事になり、貸す側としてもリスクがあります。

おまとめを考える上での落とし穴の一つが申し込むタイミングです。
すでに他社の返済を遅延し、督促状が届くようになってからの借り入れは当然難しくなります。
督促状が届くという事はそれなりの期間を滞納しているという事ですので、
個人信用情報機関の支払い実績に異動情報が記録されいる可能性が高くなります。

異動情報とは、遅延中である情報であり、その後に入金しても、過去に遅延した実績は残ってしまいます。
遅延実績は個人の信用を落とす事に他なりませんので、結果としておまとめローンを契約する事も難しくなるのです。

信用を落とすのは容易ですが、一度落とした信用を回復させるまで時間がかかります。
おまとめローンをお考えの方は、遅延が発生する程に追い込まれる前にお申し込みされた方が良いでしょう。





HOME >