総量規制対象外のおまとめローンと多重申込の影響

総量規制対象外のおまとめローンと多重申込の影響

消費者金融の場合は総量規制の対象となっていますので、その人の年収の3分の1までの借入れとなっています。
そして総量規制対象外となっているのが銀行での融資があげられ、より多くの資金を用意できること、低金利であることが特徴的です。
そして消費者金融の場合もおまとめローンなどより有利な借り換えの場合は、総量規制を超える金額にも対応してもらえることがあります。

おまとめローンは現在複数の借入れがあるという人に向いているローンとなっています。
まず、おまとめローンにすると、借金が1本化されますので、管理がより楽に行えるようになります。

さらにローンの金利は小額の借入れのほうが利息が高く、多額の金額の借入れのほうが利息が安くなる傾向にありますので、
借金をまとめることで、より低金利での借入れとなり、返済が楽に行えるようになります。

おまとめローンを利用するには、まずは申込手続きをして、審査の結果を待つ必要があります。
このときに短期間に複数の業者に申し込む多重申込などの場合はいわゆる申込ブラックとなってしまうこともありますので、
短期間に複数の業者に申し込むことは避けましょう。
申込ブラックになってしまうと数ヶ月は融資を受けることが難しくなってしまいます。





HOME >