生活保護受給者が借りやすいおまとめローンはあるのか

生活保護受給者が借りやすいおまとめローンはあるのか

結果からいうと、生活保護受給者が借金すること自体が難しいと考えた方が賢明です。
総量規制の法律によって、貸金業者は年収の3分の1を超えて貸し付けを行うことができません。
生活保護は収入として認められませんので、貸し付けを行うことは法にそむくことになります。

健全に営業する貸金業者は、法に触れることはしません。
それでは総量規制の対象とならない銀行やおまとめローンにおいてはどうかというと、これも無理があります。
借金をすれば返済が伴うのはごく当たり前のことで、
生活保護の本質は「最低限の生活を営むことができる人間としての権利」に基づいています。

最低限の生活ができるように受給されるのですから、その中に借金を返済する余裕は与えられません。
「返せないものは借りることができない」のです。
また受給額の中から返済に充てられるようなお金があるならば、国もその分の金額はカットことが可能であると考えます。

そもそも受給者の借金は認めていませんので、受給を打ち切られることも覚悟しなければなりません。
おまとめローンの利用を考えているのであれば、その時点で借金があります。
受給を受ける前に、他の方法において借金問題を解決しなければなりません。
おまとめローンであれ何であれ、受給者にとって借りやすいものは存在しないと考えるのが妥当です。





HOME >